スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遥かなるアイリッシュリネン。

私の祖父は、その生涯で数着のリネンのスーツを着ました。英国仕立てのそのスーツは、淡いシャンパンゴールドで柔らかな光沢があり、しなやかで涼し気に見えました。幼い私が、祖父にその話をしますと、祖父は、「アイリッシュリネンという生地の服である」という意味のことを答えてくれたのを記憶しています。私は、祖父がアイリッシュリネンの服を着る、初夏の衣替えを楽しみに思い、自分が大人になったら、絶対にアイリッシュリネンのスーツを着るんだ、と心に決めていました。その思いは、いまだに変わっておりません。
しかし、今の私は、アイリッシュリネンのスーツを所有しておりません。その理由は、アイリッシュリネンというものが世の中から無くなってしまったからです。

大人になってからの私が出会った、「アイリッシュリネンと称されている」リネンは、硬くゴワつき、光沢があっても無機的で、しなやかさが欠片も無い、私が知っている、そして憧れたアイリッシュリネンとは、全くの別物ばかりでした。
アイリッシュリネンが、世の中から消えて行ってしまった、その理由は、オイルショックにありました。オイルショックで、世界的に高級品の買い控えが蔓延したことの影響で、北アイルランドのリネン紡績工業は急速に収縮していくのです。紡績会社が登記上姿を消していくのは、90年代後半から2000年代初頭ですが、実際にはリネンの紡績は80年代初頭には全く行われなくなり、原料となるフラックスの栽培は、その更に以前から行われなくなっていたのです。

ここまで読まれた方には、「そうは言っても、アイリッシュリネンなんて今でもあるじゃないか。」と思われるかも知れません。確かに、アイリッシュリネンという名称の商品は多く存在します。多くの仕立て屋さんや、アパレルメーカーが良品として推す、S・B社のアイリッシュリネンなどは、今現在、普通に手に入るリネンとしては良品なのかもしれません。しかし、私はそれらがアイリッシュリネンと称されることには異議があります。それらのリネンは、フランスやベルギーで栽培されたフラックスを中国やイタリアで紡績し、イタリアやアイルランドで生地にしたものなのです。
サビルロゥのテーラーGの、今は亡きR・G会長も、80年代後半にお会いした折りにおっしゃっていました。「アイリッシュリネンというのは、名称が継承されているだけで、服地としての原材料や生産過程に実態が無い。」と。
本来、アイリッシュリネンとは、北アイルランドで栽培されたフラックスを、北アイルランドで糸に紡いだものをそう呼ぶのです。品質が同等ならば小さな問題かもしれません。しかし、その品質が決定的に違うのです。北アイルランドの小さな地域が、数百年にわたって欧州でリネン生産の聖地となっていたのは、伊達ではないのです。

その違いを具体的に述べると、まず、生成りの色が違います。一般に生成りというと、黄色がかったオフホワイトを想像しますが、現在のリネンの生成りというのは、下の写真のような、グレーベージュといった感じの色です。

ln01
生成りのリネン

色に関しては、生地質の良し悪しとは関係ありませんが、原材料の色が、このような色だということです。現在、世間の服や生地で見る「生成り」は、この色の糸、乃至は生地を、脱・染色した「生成り色」で、生成りのリネンではないということです。
生地質としては、シャリ感が有って、ウールやコットンと比べると、硬いという感じで、皆さんがリネンと言って思い浮かべる質感でしょう。勿論、良質のものをエージングすればしなやかさも出て来ますし、長持ちもします。
リネンとはこういうものです、と言われれば、それに意義はありません。その通りだからです。

しかし、アイリッシュリネンと言うと、お話が別です。
生成りの色が、淡くクリーミーなシャンパンゴールドですし、生地がしなやかです。北アイルランドで栽培されたフラックスで、北アイルランドで糸に紡がれないと、という理由がそこにあります。その質感は他のリネンよりも、硬めのシルクに近いものがある、と例えると解かり易いでしょうか。そう考えると、アイリッシュリネンとデュピオーニシルクの生地が、同じような季節とシチュエーションで用いられる理由が解かるような気もします。

ln02
真正アイリッシュリネンの生成り糸

上の写真は、40年近く前に紡がれた、真正のアイリッシュリネンの生成りの糸です。最初の写真と比べて、色の違いがよくおわかりになるかと思います。これが、アイリッシュリネンの色なのです。ちなみに、生成りというのは、人工的な脱色や染色をしませんから、原材料の色が殆どそのまま出て来ます。したがって、その年の作付によって、全て色が違います。良い年もあれば、そうでない年もあり、良い年のものだけで特級品を織るのか、ブレンドして品質を安定させるのか、などが織元さんの特色の一つになるのでしょう。
それにしても、美しい色だと思います。子供の頃の記憶が甦る想いがします。

現在のリネンに対するアイリッシュリネンのもう一つの特長は、生地のしなやかさです。これは、データを取った訳ではないので、あくまで想像ですが、繊維長が長く、繊維自体が他のリネンに比べてしなやかなのではないかと思います。

ln03.jpg
ガーゼ生地に織り上げられストールになったアイリッシュリネン

上の写真は、ストールになったアイリッシュリネンです。そのしなやかさがご想像できると思います。通常のリネンでしたら、ストールにするなど考えられないことですね。せいぜい、そのざっくりした質感を生かして、夏のタイなどにするくらいではないでしょうか。
しなやかな糸は、織り上げるのも難しく、特に、スーツなどに使う高密度の生地に織り上げるには、技術と時間が必要なのです。
高速織機が使えず、昔ながらのシャトル織機で織るとすれば、一日で数mから十数mしか織れませんから、世界的に景気が落ち込み、また、何事にもスピードが求められるような世の中になるとともに、終焉を迎えたというのも解からないではありませんね。

現行のリネンを、流通関係そのままに、「アイリッシュリネン」と言える仕立て屋さんやアパレル関係の方達は、上記の事を知らないか、商売上の事由で、消費者には黙っているということなのです。私には、どちらも大変遺憾なことに思われます。後者のような考え方をする人間などはお話になりませんし、前者には、悪意は無くても、スペシャリストとしての基本的な知識の欠如を寂しく思います。吾が国は、技術立国であると信じる私は、自分も含めて、技術者というものは、その専門分野に関して知らないということがあってはならない、また、そうなるために、常に努力していなければならないと思っています。
真正のアイリッシュリネンというものは、現在では、ビンテージの生地、もしくは糸しか存在しないのです。顧客側の皆様には、是非、そのことを知って頂いて、納得の上でご購入頂きたいものと思っています。

さて、弊ブログでは、これまでこのような記事を書かせて頂いた際は、その生地が私の元へやって来るという前振りでもありましたが、今回はどうなのでしょう??? 乞う、ご期待であります(笑)!
スポンサーサイト
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。