スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

装いと所作。

昨夜、新宿御苑の森の薪能に初めて行って参りました。薪能自体は初めてではありませんが、会場の広大さと、周囲の木々の鬱蒼としたことは、やはり御苑が一番ですね。装いとは直接関連が無いようですが、能と言えばその秀麗で幽玄な所作から生まれる衣擦れの音も重要な構成要素、ということでちょっとこじつけっぽいですが(笑)・・・。

nou2.jpg

演目は、「安宅(所謂、勧進帳の場面です)」と狂言の「舟ふな」を挟んで、「殺生石(九尾の狐の話として著名ですね)」でした。役者さんも、観世清和さんや観世銕之丞さん、野村萬さん、野村虎之介さんに、「安宅」の義経役で観世流の未来を受け継ぐ、八歳の観世三郎太さんなどなどのそうそうたる顔ぶれでした。

私は、源義経が嫌いなので、勧進帳があまり好きな演目ではないのですが、能は歌舞伎と違って、舞台と楽の全体的な調和を楽しむものなので、違った視点でとても楽しめました。

間に狂言を挟んで、殺生石です。緊張した能の世界から、ふうっと肩の力が抜ける狂言は、やはり、能の演目の間に無くてはならないものですね。力が抜けた分、余計に次の演目に対する緊張も矯め直されます。殺生石は、物語としては金毛九尾の狐が那須与一に射落とされて、今も栃木県那須に現存する殺生石になったという、とてもよく知られている怪異談がベースになっており、射落とされた殺生石に残る狐の魂がその過去を語り、供養されて成仏するという筋立てです。狐の怪異談は、私の最も好きな文学の一つなのですが、それはそれとしても、やはり現代人の我々にとっては、幽遠な薪能には幻想的な異界の物語が最も合っていると思うのですが、いかがでしょうか?

nou1.jpg

それにしても、感動的に素晴らしいのは、能衣装をまとう役者さんの所作の美しさと、舞台全体の調和の美しさです。どれか一つが過度でも、足りなくても崩れてしまう完全な調和には、おおいに学ばされるところがありました。装いには、それに合った所作が必ずあります。能衣装に限らず、一般の方が時おり身に付ける和服であっても、和装は装いに対する所作の重要性が顕著です。それと同様に、洋装にも必ずその装いと装う人に合った所作というものが有る筈です。装うものにあった所作と、装って行く場所での調和、心がけて磨いていきたいですね。
スポンサーサイト
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。