スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セパレーツな休日。

私の場合、休日の外出でタイドアップ、つまりタイを締めることが多いのです。特別な用事でなくても、パートナーとショッピングや食事、お茶に出かける時は、やはり素敵に装いたいものだからです。

カジュアルにタイドアップする場合に、すぐ想像するのはセパレーツ・スタイルですが、私のお気に入りはネイビー・ブレザー、いわゆる紺ブレです。夏は薄手のややざっくりとしたサマーウール、冬はカシミアやフランネルの生地を愛用しています。スタイルは六つ釦二つ掛けのダブルブレステッドで釦はブラス、胸のエンブレムは付けません。

シャツは、カッタウェイ或いはボタンダウンで色はプレーン、柄の場合はあっさりとしたストライプかチェックで。袖先は2つ釦のバレルカフ。

タイは、我が家の紋章をあしらったタイを締めます。一般に、紋章をあしらったタイをクレストタイと呼びますが、クレストとは兜飾りのことで正確には紋章ではありませんが、昨今では総称してクレストタイと呼ばれているようです。幸い、私の家は元士族で、瓦解の折にご先祖(笑)が作った紋章がありますので、それを絹織物に起こしてタイにしています。気分によっては同柄のボウタイを結ぶこともあります。

トラウザースは、夏はオフホワイトのサマーウール、冬にはホワイトフランネルを合わせています。ホーズはリブ入りのプレーンかアーガイル。靴は、白と黒のコンビネーション・フルブローグで、この下半身のコーディネイトは日本ではやや人目を引きますが、私はネイビーブレザーには白のボトムが大好きなのです。これが、あまり人目を引かず、さりげなく装えるようになったら、私の装いも完成の域となるのでしょう(笑)。

セパレーツのブレザースタイルというと、若者のユニフォームのようなイメージがありますが、私はこのスタイルこそ年配の方が素敵だと思っています。スーツの装いに無い柔らかなイメージが、完成の域に入った年齢の男性にとてもよく似合うと思います。日本ではあまり見かけませんが、もっとたくさんの先輩達に見直して欲しいと思います。

夏はパナマ、冬はフェードラを合わせて、さぁ、楽しい休日のお出かけです!
スポンサーサイト
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。