スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男性の必須宝飾品。

宝石や貴金属で身を飾るのは、基本的には女性の範疇で、男性はあまり身に着けないものですが、ドレッシーな洋装に必須の宝飾品が一つだけあります。それは、カフ・リンクスです。年配の方はカフス釦などとおっしゃいますが、これは和製英語で、カフとは洋服の袖口のことをいいます。シャツの袖口を留めて閉じる(リンクする)ための宝飾品なので、カフ・リンクスというのです。

現在では、シャツの袖口には、片側に貝釦があり、もう片側が釦穴になっているのが普通ですが、カフ・リンクスを使うシャツは、袖口の両側が釦穴になっています。これは昔、シャツの芯地にとても硬いものが使われ、更に硬くするために糊付けされている頃には、貝釦では留め難く、貫通させる構造のカフ・リンクスの方が留め易かったことの名残りの仕様です。ですから、フォーマル度の高い装いには、必然的にカフ・リンクスを必要とする装いが多くなります。カフ・リンクスの起源は、十七世紀、或いは十九世紀半ばのフランスであるといわれていますが、諸説あって確かなことは判りません。ちなみに、貝釦で留める袖口を、バレル・カフといいます。

夜の正礼装である、イブニング・テールコートと準礼装であるディナーコート(タキシード)。そして、昼の正礼装である、モーニングコートは、カフ・リンクスで留める袖口のシャツを着用するのが決まりです。ダークスーツにも、カフ・リンクス仕様のシャツを着用した方が、よりドレッシーでエレガントになります。

cuff_01_2.jpg

カフ・リンクスで留める袖口のシャツは、現在では、袖口を二重に折り返したフレンチ・カフ又はダブル・カフスと呼ばれるものが一般に多く知られていますが、これは、シャツに折り返しの襟型がうまれ、シャツの襟と袖口の芯地がより柔らかくソフト化していく傾向の中で、袖口が柔らかすぎるとカフ・リンクスが様にならないために生まれた、カフ・リンクスのための新しい仕様なのです。厚く硬い芯地の折り返さない袖口、シングル・カフの方がよりクラシックな仕様なのですが、扱いの面倒さから現在では殆ど見られなくなりつつあります。我こそは!と思われるクラシックスタイルの愛好家は、勇気を持って試されてはいかがでしょう。但し襟を、バランス的に、袖口に負けないシャキッと硬い襟にしなければなりませんが(笑)。

ここで一つだけ申し上げたいことがあります。既成のシャツの中には、バレル・カフの仕様でありながら、袖口の貝釦の横に釦穴があり、貝釦で留めることもカフ・リンクスを用いることもできるという、コンバーティブル・カフと呼ばれる仕様がありますが、これにはカフ・リンクスを用いず、バレル・カフとして着用して頂きたいのです。物事には、表と裏の二つの見方が出来るものがあり、どちらでも使えるということは、「便利である」と考えることも出来ますが、「節操が無い」という捉え方も出来ます。こと、装いに関しては、圧倒的に後者の場合が多いことを知っておいて頂ければと思います。

カフ・リンクスは、その日の皆さんの装いと、穏やかな調和がとれるような素材や色のものを選ばれるようお勧めします。間違っても、挨拶した途端に袖口に目が吸いつけられるような、派手であったり、腕周りの割りにゴツ過ぎたりするものを選ばれませんように。手首が細いのに、ゴツい腕時計が好きな日本人男性は、この点特に注意が必要だと思います。

フォーマルシーンのカフ・リンクスにも、少し着用にお気遣いが必要です。礼装ではモノトーンのカフ・リンクスが基本です。特に、昼の正礼装であるモーニングコートの場合は、シルバーやプラチナなどの銀色の金属製で、宝石などが埋め込まれている場合は、平面的にあしらわれたマザー・オブ・パールなどの白いものが「常識」となります。夜の礼装もこれに準じており、モノトーンの白よりが基本ですが、金の台座やブラックオニキスなどの黒い宝石も常識的な範囲となります。特に、準礼装のディナーコート(タキシード)は、より自由度が大きいので、色々な楽しみ方が出来るのですが、その分装いに熟慮が必要となります。カフ・リンクスが目立ち過ぎませんか?異性のパートナーの宝飾品を霞ませていませんか?夜会では、男性の最も大事な役目は、女性のエスコートであることをお忘れなく(笑)。
スポンサーサイト
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。