スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カジュアルに使いこなす腕時計。

最後に腕時計をしたのはいつだったでしょうか?携帯電話がジャケットの胸を膨らませない厚さになってから、腕時計をした事は無いですね。

私は腕時計が好きではないのです。片手だけ錘をつけているようで身体のバランスが悪くなるし、シャツのカフを左だけ時計をはめたサイズにずらして仕立てなければならないからです。

ダークスーツに、もの凄くゴツいクロノグラフなどをしている装いを時おり見かけますが、あまりみっともいいものではありませんね。また、フォーマルで腕時計をするのは、厳密にはルール違反です。カフリンクスとバッティングして見栄えも悪く、フォーマルウェアのシンプルなエレガンスをぶち壊してしまいます。アクセサリーとして時計を持つならば、タキシードやテールコートのベストには、鎖のついたポケットウォッチがウェルドレスでしょう。

故ハーディ・エイミス氏が、「フォーマルパーティーでポケットウォッチを持っていない男が、それだけ見れば高価そうな腕時計を恥ずかしそうにベストのポケットに入れているのを見たことが何度かあるよ。」と、お話されるのを伺った事があります。著書にも、もう少し柔らかくお書きになっていますね。そもそも、華やかな席や女性の前、そして自分より身分が上の方の前で時刻を確認する行為はエチケット違反なのですから。

元々が、旅行やアウトドア、そして軍用として発達したアイテムですから、カジュアルに、ラフに使いこなして頂きたいものです。間違っても、ダークスーツのシャツのカフから腕時計が覗くチラリズムなど演出するNaffな仕草は御勘弁願いたいものです。チラリズムは、ジャケットから覗くカフリンクスだけで充分です。
スポンサーサイト
検索フォーム
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。